プラセンタと免疫システム

プラセンタは免疫システムとの関係も深く、プラセンタには、免疫システムの細胞から分泌されるサイトカインと呼ばれるタンパク質を多く含んでいることが知られています。サイトカインはもともとこの免疫系細胞から見つかったもので、免疫機構を理解するうえでとても重要な存在です。
サイトカインの働きは、免疫系の調節、炎症反応の低減、抗腫瘍作用及び細胞増殖、分化、抑制などがあげられます。代表的なサイトカインとして、肝細胞増殖因子、神経細胞増殖因子、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子、コロニー形成刺激因子、血管内皮細胞成長因子、血小板由来成長因子、インスリン様成長因子、形質転換増殖因子、インターロイキンなどの因子があります。
中でも、インターロイキンは、T細胞・B細胞・NK細胞といった免疫担当細胞の増殖を促進する因子として知られています。このサイトカインは多様で複雑な機能があるのが特徴で、微量で効果を発揮する、複数の機能を持っている、複数のサトカインが相互に依存している、などがあげられます。
このように、サイトカインは体の様々な機能促進と密接な関係がありますが、老化の原因として、このサイトカインなどの成長因子が減少することで体の様々な機能が低下するものと考えられます。

このサイトについて

話題の万能細胞を増殖させるプラセンタの秘められた能力を紹介します。

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。