プラセンタ療法とは

プラセンタを使ったプラセンタ療法は、今では健康保険適用の治療薬として、肝炎・肝硬変・更年期障害・乳汁分泌不全の治療薬になっています。また、アレルギー性疾患・過敏性皮膚炎・ニキビ・しみ、そばかすなど皮膚科の領域への応用研究も進んでいるようです。
このプラセンタを使ったプラセンタ療法として、「プラセンタ埋没療法」、「プラセンタ注射」、「プラセンタエキスの服用」などがあります。中でもプラセンタ注射は、女性の更年期障害や肝機能の改善に保険適用のものがあり、健康から美容まで幅広く利用されるようになりました。
またプラセンタの抽出エキスを服用する方法もあり、サプリメントや医薬品が多数出ています。これ以外に、プラセンタ埋没療法があります。これはヒト胎盤を、大型注射針を使って皮下に埋め込む治療法で、大型注射針を使って皮下に埋め込むことで効果が数か月続くと言われるもので、古くから、皮膚の傷痕、胃潰瘍、リウマチ、気管支喘息、眼疾患などの慢性疾患に効果があると言われています。
プラセンタ医薬品として厚生労働省の認可を得ている効果として、活性酸素除去作用、内分泌調整作用、強肝・解毒作用、基礎代謝向上作用、免疫賦活作用、抗炎症作用、血行促進・造血作用、自律神経調整作用などがあのます。

このサイトについて

話題の万能細胞を増殖させるプラセンタの秘められた能力を紹介します。

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。