プラセンタの安全性について

このプラセンタの安全性はいかがなものなのでしょう。プラセンタの安全性を考える場合には、副作用のリスクと病原体のリスクを考える必要があるでしょう。
まず、副作用によるリスクですが、プラセンタ製剤に対する弱いアレルギー反応があったという報告がこれまでに1件あったようですが、プラセンタ製剤と副作用の因果関係ははっきりしていないのが実際で、大部分のひとにとっては副作用の心配は少ないと言ってよいでしょう。
また、病原体のリスクは、プラセンタが生物由来である以上、ゼロとは言えませんが感染例は今のところないようです。また人由来ではなく、牛や豚などの動物由来のプラセンタもあり、動物の病原体が人に感染する危険性は低いと言えます。また、サプリメントなどのプラセンタの場合には、動物の肉を食べるのと同程度のリスクと言えます。
ただし、直接体内へ入れる注射や埋没法については注意する必要がありますが、日本で使われている、プラセンタ注射の原材料として、人間の胎盤に限定されており、母体がエイズ、C型肝炎などの病気をもっていないか検査して病気をもった母親からのプラセンタは廃棄されます。さらに、塩酸による加水分解などの安全処理をおこなっているので、感染の心配少ないと言えます。

このサイトについて

話題の万能細胞を増殖させるプラセンタの秘められた能力を紹介します。

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。